第33回花卉懇談会セミナー講師ご紹介

2017年7月29日に開催の花卉懇談会フォーラムでの3人の講師の方々のプロフィールをご紹介いたします。

積水ハウス株式会社 設計部 東京設計室 課長・エクステリア推進グループリーダー

榎本恵一氏 Keiichi Enomoto

 

 

1973年東京都国立市生まれ。1995年明治大学農学部(農業土木緑地学専修)卒業。積水ハウス株式会社に入社し外構造園並びに街並みや戸建、集合住宅などの設計に携わる。1998年より2004年まで外構造園子会社へ出向し事業立ち上げ並びに一都三県のエクステリア業務の集約化、領域の拡大、受注拡大、レベル向上等とともに、エクステリアデザイナーとして設計・監理業務を行う。2014年より積水ハウス(株)東京シャーウッド住宅支店にて、都市型邸宅の外構造園設計や受注拡大、設計・施工レベルの向上を担当する。2017年から設計部東京設計室へ異動し、社の方針となっている「日本一の造園会社」を目指し、エクステリア推進グループリーダーとして、現在様々な取り組みを推進している。まちなみ住宅100選(住団連) 優秀賞、積水ハウスグループ全国エクステリアコンペ 最優秀賞2回など社内外で受賞多数。

 

 

株式会社ゴバイミドリ 代表取締役

宮田生美氏 Fumi Miyata 

 

 

1981年愛媛大学法文学部卒業。卒業後はマーケティングやプランニング、ブランディングなどの業務に携わる。2003年に5×緑(ゴバイミドリ)のプロジェクトを始める。日本を代表する緑化ビル「アクロス福岡」を設計した田瀬理夫氏が開発した緑化システムを使い、プライベートプロジェクトとして始めたが、プロからの依頼が増えてるようになり実績を重ね、2013年に株式会社ゴバイミドリを設立。つくばエキスプレス柏の葉駅前トラフィックキューブ(緑化ガードレール)、港区みなと保健所(建物緑化)、静岡銀行新本部棟(屋上緑化)など多くの施工実績がある。賞歴として2007年「第6回 屋上・壁面・特殊緑化技術コンクール」(財・都市緑化技術開発機構 主催) 審査委員会特別賞、「eco japan cup 2007 」三井住友銀行賞、2009年ウーマンオブザイヤー2010 キャリアクリエイト部門受賞。

 

 

有限会社村岡オーガニック 営業

村岡佑基氏 Yuuki Muraoka

 

 

1984年鳥取県生まれ。2006年岡山大学農学部総合農業科学科卒業。卒業後、国際農業者交流協会を通じオランダで1年間農業研修を行う。帰国後は市場での研修や設立3年の人材派遣のベンチャー企業に営業として入社。2011年有限会社村岡オーガニック入社。村岡社長とともにオリジナル品種の育種を行なっている。代表的な育種品種にペチュニア「マドンナの宝石 ピンク」「ソフィアの宝石 バイオレット」、ダイアンサス「ピーチプリンセス」など。いずれもジャパンフラワーセレクションで入賞し、このうち、ペチュニア「マドンナの宝石 ピンク」はフラワー・オブ・ザ・イヤーを受賞。